オルロ

湖うるうるうるうる – オルロ

うるうるうるうる

Recomendaciones

表面 214
海岸の長さ 108
Profundidad Media: 1,5
高度 3.686

説明

湖うるうるうるうる – オルロ

湖うるうるうるうるはボリビアの湖, オルロの部にあります。.

湖はポーポ湖で、その口でデサグアデーロ川の氾濫によって形成されます。, 広大な平野の形成と呼ばれる “サント ・ トマス” (多分それだった小さな礼拝堂と完全によってあふれた家). この形成からの日付します。 1962. チチカカ湖とポーポ湖デサグアデーロ川を結ぶ.

それの長さを持ってください。 21 km、幅 16 km, 表面 214 いくつかの km ² の高さで 3686 masl.

アテリン魚ファームなど多くの種が含まれているので、それはセーリングや釣りのための大きな魅力です。.

海岸に近い非常に, オルロ市, 鉱物の大規模な工業センター.

湖うるうるうるうると湖の孤独は、水素供給の観点から非常に不安定な状況. 水の強い蒸発, 降雨量の少ない、時間の重要な部分の間にフィード低フロー, 水の量で増加をさせない, その生物学的生命を保つために不可欠であります。, または塩分濃度の減少. このため, どうやらそれは臨湖実験リソースを保持することできません。. それぞれのニーズは、します。 4 m ³/秒と 3,3 水生動植物を開発できるように水のレベルを維持するために m ³/秒. 塩分のレベルを維持するための流れが必要になります 14 m³/s.1

利用可能な水資源、水のすべてのこれらの機関の要求を満たすために十分です. 結果として, 影響を最小限にすることができますリソースの最適化のポリシーを提案する必要があります。.

+場所

オルロ

情報 PDF

観光会社


任意のサイドバーのウィジェットではなく

観光サービスを宣伝します。 無料で?

観光庁

旅行代理店

ラジオ タクシー

ホテル

観光ガイド

部門間の輸送 – 農村

その他…

ページのトップへ